アーティストについて

Shibamata

Nina Zdanovic

ニーナ・ジダノビチ はバルト三国のリトアニアで生まれた。ビリニュス大学アジア研究専攻の卒業者Nina Zdanovicは、現在東京に住んでいる。 彼女は、日本画で使われている岩絵具、水肥、膠などを使って絵を制作する。日本画だけではなく、洋風のアクリル絵や水彩画を描く。
日本画で使われている天然顔料の特性は、現実の主観的な感情に基づく側面を伝えるのに役立だと。 彼女の絵のスタイルについて、「ラテンアメリカ文学の魔法のリアリズムみたいだが絵の中で」と言う。

連絡先

購入、コラボについて:

展覧会

2019 「鏡は記憶の様: Memory is a mirror」,ミニ個展 Aoyama Zero Cafe, 東京
2018 「Black」, Art Clouds + Coffee, グループ展、東京

アートフェア

2019 Design Festa vol. 49, 東京
2019 ArtDive Kyoto, 京都